賃貸マンション情報検索ナビ > お部屋探しの基礎知識 > 「重要事項説明」と「賃貸借契約」のサインは慎重に!

■ 「重要事項説明」と「賃貸借契約」のサインは慎重に!

 価格.comの賃貸物件"一括検索"サイト「スマイティ」

 お部屋探しは アパマンショップ

 保証人不要の賃貸物件が満載★ホームアドパーク★


「入居審査」が通ると、いよいよ「重要事項説明」と「賃貸借契約」にサインです。

まずは、不動産会社から「宅地建物取引業法」という法律に則って
「重要事項説明」を受けます。

ただし、不動産会社の人が説明慣れして早口だったり、
契約の直前と言うこともあって、よく理解できないままサインを
してしまうケースがあります。
これがトラブルのもとになったりします。

相手のペースに飲まれないように、マイペースでじっくりと
書面を読みながら説明を受けましょう。

特に注意すべきポイントは、
・契約終了時の敷金の精算方法
・トラブルがあった時の連絡先
・電気・水道・ガスのライフラインの整備状況

以上、確認して納得できたら、「重要事項説明」にサインします。


次は、「賃貸借契約書」です。

チェックすべきポイントは、「金銭面」です。

とにかく、敷金の精算方法については、事例を挙げて細かい部分まで
決めておきましょう。

たとえば、
普通に使用していて経年による壁紙の汚れやフローリングの傷は、
入居者に原状回復する義務があるのか、などです。

賃料や更新料、火災保険についてもきちんとチェックしておきましょう。

以上、確認して納得できたら「賃貸借契約書」にサインします。




  ◆◇◆賃貸借契約書にサインをする前に◆◇◆

  賃貸マンション・賃貸アパートの賃貸借契約をする際には、特に以下の項目に
  ついてきちんと確認し、納得できたらサインしましょう。

  ・賃料や更新料、火災保険
  ・契約終了時の敷金の精算方法
  ・トラブルがあった時の連絡先と対処方法
  ・電気・水道・ガスのライフラインの整備状況




お部屋探しの基礎知識「重要事項説明」と「賃貸借契約」のサインは慎重に!







人気サイト
BBS7.COM
MENURNDNEXT

This website is powered by Movable Type 3.2
Supported by 楽天ウェブサービス

[PR]賃貸マンション/東京のウィークリーマンション/東京のマンスリーマンション/デザイナーズマンション賃貸 東京